月別アーカイブ: 2017年3月

改めて、「稼ぎ続ける」ことを考える

アスター二輪

1月後半から2月にかけまして、
Facebookでも、メルマガ
「ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス」
の中でも、今年の井上裕之先生の
キックオフセミナー「稼ぎ続ける力」のシェアを
お送りしていたのですが、
その後も「稼ぎ続ける」ことについて考えていました。

あなたは、何のために「稼ぎ続けたい」
と思いますか?

生活するため。
家族のため。
夢の実現のため。
ミッションの達成のため。
助けたい誰かのため。
自分自身が今の生活レベルを上げるため。
。。。

おそらく、複数の理由や目的がありますよね。
どれもそれぞれに大切なことだと思います。

わたし自身は
もちろん自分自身の生活のためもありますが
家族のためもありますし、
さらに活動の幅を広げたいなど、
様々な目的があります。

稼ぎ続けるためには、
あなたは何をしたら良いと思いますか?

もちろん、今のお仕事の中で、
その中で最大の貢献ができるように、
努力をしていくことも必要で、大切です。

でも、井上先生のキックオフセミナーでも
お話があったように、この時代、
安定は「過去の遺物」になっています。

数十年前までのように、会社で真面目に
勤め上げれば心配ない、
という時代が終わった以上、
わたしたちは複数の収入の柱を持つ
ことが必要です。

それも、ただやみくもに
柱を立てればいいものではなく、
人に貢献できる自分の付加価値を育てて、
その中で差別化されて、
選ばれる人になることが
必要なのではと思います。

「それって、ライフコンパスと関係あるの?」
と思われた方がいらっしゃるかもしれません。

でも、ライフコンパスを活用するのは、
あなたがより良い人生を生き
成長していくためなんですよね?

そのために必要なお金を得るために
稼ぎ続けることも必要ですし、
あなたのミッションが何かの形で
人に貢献することを含むとしたら、
(完全に無報酬で貢献する場合は別として)
どこかで報酬も発生するわけです。

また、お金ではなくても、
その代わりの体験や応援という形で
「目に見えない報酬」を受け取ることもあるでしょう。

お金であっても、「目に見えない報酬」
だとしても、
まずは自分の生活を満たしたり、
その上で他者を満たす活動ができたり
(他者を満たす前にまず自分を満たすことの
大切さを、井上先生もよく話されていますね)
ミッション・夢の実現や
他者のための活動にも資金・経験を投入できたり
するために、
「稼ぎ続ける」ことが必要なんですよね。

そうであれば、やはり
「自分は何で人の役に立てるか」
「人に役立てられる自分の強みは何か」
を考え、自分ならではの付加価値のある強みを生かして
「稼ぎ続ける」ことを可能にする必要があります。

(もしかしたら、まだミッションに
他者へ貢献の要素がなかったとしても、
これを考える中で、その要素が入ってくるかも
しれませんね。)

今まであなたが学び続けてきたこと、
今までのあなたの体験、
あなたならではのスキル。

あなたが他の方と差別化できるスキルは何ですか?
そして、それを伸ばすために、
必要な時間を確保していますか?

わたし自身が活動を増やしてみて感じるのですが、
本当に時間が貴重です。

時間の効率化をすることで
活動の質を上げて、量を増やすことで
活動の幅も増やし、
収入を増やし、
自分のミッションや夢の実現に近づいていく。
その中で、潜在意識もフルに使っていく。

わたし自身、今も試行錯誤しています。

でも、今後も生き残っていける、
「稼ぎ続ける」人になるためには、
学び続けること、
活動し続けること、
時間を効率化すること、
人に貢献できる自分の付加価値を育てて
それを有形・無形の報酬につなげること。

このことを頭において、
不要なもの・ことを手放しつつ、
集中したいこと・すべきことに
本当に集中したいと思います。

長くなりましたが、
昨日の3/11の報道を見ていても
今生きていられるのだから、
やはり精一杯、自分の命を使って
生きていきたいと思いました。

日々の時間を無駄にすることなく、
自分の命を大切に使っていきたいですよね。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
この後も、充実したお時間をお過ごしくださいね。

櫻木 由紀

*上記の文章はメルマガ
「ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス」の3/12配信分を
一部編集したものです。
ご登録はこちらからどうぞ
→http://www.reservestock.jp/subscribe/66236

*****************
ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀
*My mission
人生最後の日に悔いのないよう、力を尽くして真摯に生きる。
言葉と笑顔で、出会った方の心に灯をともす。
*****************