「ありたい自分」を振り返る

2016-04-25 08.19.25

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。

ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

このメルマガを読んでくださっている方は、井上裕之先生の毎日のFacebook投稿、通称「朝の一言」をお読みになっている方が多いと思います。

毎日コメントを書いている、という方も多いことでしょう。

わたしも毎日学ばさせていただき、コメントを書いています。

昨夜の井上先生の投稿は「味わい深い人になる」というタイトルでした。

年をとるとともに味わい深い人、趣のある人となるためには、
「自分自身に真摯に向き合い、人生経験をきちんと積んでいく」
以外にないと井上先生は書かれています。
 
上がる時も下がる時もある人生の波の中で、どんな時も全てに対して真摯に向き合い、より良い結果を生み出せるように地道に努力を続けることで、人は経験を積み、成長していきます。
 
その経験のそれぞれが成熟していき、自分自身の趣を生み出す魅力となっていくので、「趣とは、努力や経験の結晶と言うべきもの」と井上先生は書かれています。

日々の努力を重ねて、年をとるとともに趣のある人になることと同時に大切にしたいことは、「こうありたい」と自分自身が望む姿を大切にすること。

毎日の生活の中で、自分自身に「あれ?」と何か違和感を感じたり、何か気になるサインを受け取ることはありませんか?

そんな時、自分が「本来こうありたい」と望んでいる姿でいられているか、振り返ってみましょう。

いつも出会う相手のことを考えて、相手のお役に立てているか。

自分の力を出し切っているか。

相手の思いをきちんと汲み取れているか。

自分の我が強くなりすぎていないか。
 
あなたのミッションの中には、きっとあなた自身が人としてどうありたいかという姿も含まれているでしょう。

また、もしミッションをまだお持ちでなくても、「人としてこうありたい」という自分の姿は、きっとお持ちなのではないでしょうか。

ミッションでも自分の理想像でもいいのですが、「人としてこうありたい」自分の姿を改めて振り返ることは、やはり大切なことだと思うのです。

昨日、わたしは改めて自分自身をふりかえり、いろいろと考えることがありました。

自分自身が「良い年を重ねてこられたかな」と思えるよう、折に触れて「ありたい自分らしく生きているだろうか」と振り返ってみようと思っております。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です