お茶好き日記 紅茶&みそぱん

前回からお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、タイトルに番号を入れるのをやめました。
 
というのも、わたしは数字を入れ始めるとどこかで必ず間違うのです。
 
まさか数字を気にされる方もいないのではと思いましたが、検討の結果、いっそつけない!ことにしました。
 
さて、今朝は涼しくなってきたこともあり、紅茶のみそぱんの朝食です。
 
「みそぱん?」
 
そこを気にしてくださったあなた、ありがとうございます。
 
おそらく北海道にしかないと思います。
 
(もしかしたら別な地方で違う「みそぱん」はあるのかもしれませんが)
 
パンと言っても、一種の焼き菓子です。
 
改めて材料を見てみると
 
「小麦粉、砂糖、鶏卵、黒糖、水飴、みそ、マーガリン、白ごま、ソルビトール、麦芽糖、寒天、膨張剤、香料」
 
ほほー、意外と糖分だけで随分いろいろなものが入っていました。
 
ダイエットの敵、かもしれませんが、黒糖・麦芽糖の甘みとみその相乗効果なのか、なんとも言えないこくのある甘みがあります。
 
賞味期限も長いので(お盆に買ってきたもので賞味期限が9月21日まで)、帰省するとほぼ必ず自分用に買ってきます。
 
緑茶にも合いますが、意外とみそ味が紅茶にも合うのですよ。
 
ちなみに、この写真の「みそぱん」を作っている「ほんま」さんは「月寒あんぱん」というお菓子(こちらもぱんではない)で有名ですが、その皮がみそぱんっぽい感じです。
 
これからの季節、各地で「秋の北海道物産展」のようなイベントが行われると思いますが、もし 
「みそぱん」や「月寒あんぱん」を見かけられたら、手に取ってみてくださいね。
 
ああ、朝から望郷の念が・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です