あなたはご存知ですか?「ハチドリのひとしずく」

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

Facebookではすでにシェアさせていただいているのですが、わたしの先生のお一人、放送作家の安達元一さんがご自分の動画で 

「ハチドリのひとしずく」

というお話を紹介されています。

古くから伝わるお話だそうですが、わたしは初めて知りました。

こんなお話です。

「『ハチドリのひとしずく』

森が燃えていました。

森の生きものたちは、我先にと逃げて行きました。

でも、クリキンディという名のハチドリだけは、行ったり来たり

くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。

動物たちがそれを見て、

『そんなことをして、いったい何になるんだ』

と笑っています。

クリキンディはこう答えました。

『私にできることをしているだけ』」

小さなことだから、やっても仕方がない。

そうやって諦めていては、100%、何も変わらないのです。

誰も幸せになリません。

かといって、山火事に小さなハチドリがひとしずくひとしずくの水を落としても、結局自然に鎮火するまで山火事はおさまらないかもしれないように、すぐに現実を変えることは難しいでしょう。

それでも、どんなことでも、その時自分ができる最善のことをし続けることで、大きな変化につながり、現実を変えることにつながるかもしれないのです。

たとえ自己満足でもいいんです。

そして、誰もほめてくれなくてもいいんです。

とにかく、自分にできる最善のことをすることで、誰かに貢献することが大切なのだと思います。 

ライフコンパスの中でいうミッションや理想も(目標<ミッション<理想のお話は以前いたしましたね)、もしかしたら自分が生きている間には実現できないかもしれない。

それを思うと、日々の努力もとても小さな一歩です。

でも、やはり小さな一歩一歩の積み重ねが大きな現実をも動かすのです。 
 
そして、やはりどんなことであっても、自分から貢献することを忘れないこと。

ミッションを支える5つの要素の中にも貢献が入っていますが、自分のミッションを実現することも、自分が日々生きていることも、たくさんの方のおかげがあってこそ。 
 
誰かのために自分ができることで最大限のことをすることは、人としてやはりとても大切なことですよね。 
 
そして、そうすることで自分が学ぶことや味わう感動もあるのです。

どんなことでも、「こんな小さなこと」とは思わず、相手の方のお役に立ったり、喜んでいただくために、「ハチドリのひとしずく」の行動を続けていきたいですね。

ちなみにハチドリは英語ではハミングバードと呼ばれ、ネイティブ・アメリカンの方たちの間では、「愛と美と幸せのシンボル」であると信じられているそうです。 
 
平和のメッセンジャーであるハミングバードは、 
 
「体と魂を癒し、人生の困難に際して、導きを与えていてくれる」といい伝えられていて、ネイティブ・アメリカンの人々は、大きな出来事や旅行の前にハミングバードを見ることは、吉兆であると考えていたとのこと。
 
ですから、このお話の主人公がハチドリであったことも、きっと意味のあることなのでしょうね。 

昨日この「ハチドリのひとしずく」のお話を知った時にも、おもわず「これも吉兆の前触れかしら」と思いました。 
 
皆さまがたにも、きっと良いことがありますように。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です