月別アーカイブ: 2016年7月

2冊目の電子書籍「Be Happy! 」が出版されました!

本日7月30日、2冊目の電子書籍「Be Happy! ~幸せな30-40代を過ごす本~」が無事に出版されました。
(https://www.amazon.co.jp/dp/B01JCBIHMU/ref=cm_cr_ryp_prd_ttl_sol_0)

沢山の方のお力添えで、先月に続いて2か月連続の出版となりました。お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

今回の本は男性にももちろん読んでいただきたいのですが、主に30-40代の悩みつつも頑張っている女性の方が幸せに生きることを応援したいと思って書き上げました。
前作を読んでらっしゃらない方にも読んでいただくことを想定していたので、前回に重なる部分もありますが、年をとっても心身ともに自立して、それぞれに充実した幸せな人生を歩んでいきましょう、読んでくださる方にそうお伝えしたいと思っております。

また、今回も発売から最初の3日間はチャリティキャンペーン期間として、特別価格99円で販売し、その3日間の売り上げは全てスマートサバイバープロジェクト(SSPJ)に寄付します。(スマートサバイバープロジェクトの詳細はこちらから→http://smart-survivor.org/)
寄付金はスマートサバイバープロジェクト(SSPJ)を通じて熊本の地震の被災者支援に役立てていただきますので、ぜひ最初の3日間にお買い求めくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
また皆様の感想を聞かせていただくことを楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

「いつだってあのころのキラキラした自分に」(和田裕美さんの日めくりより)

2016-03-30 11.15.44

「いつだってあのころのキラキラした自分に」(和田裕美さんの日めくりより)

「いつだってあのころの

キラキラした自分になれる。

あのときの感動を

思い出せたなら。」

あなたは「赤毛のアン」を読んだことがありますか?
想像力豊かな上に、言葉の使い方もとっても豊かな女の子アンは、どんなことにも感動する心を持っていて、それを表現するのも上手です。
生まれて初めてアイスクリームを食べたアンは、こう言います。
「アイスクリームって言語を絶したものだわ、マリラ。まったく崇高なものね」
どんなにキラキラした瞳で、アイスクリームに恋をしたようにうっとりしてこういったのでしょう。
読んでいるこちらもアンがアイスクリームについて語る様子を想像してしまいます。
アイスクリームひとつにだって、人はこんなに感動できるものなんですよね。

「初めて社会にでたときの緊張感、初めて上司に褒めてもらった時の嬉しさ、初めて失敗したときの冷や汗、初めて結果を出した時の達成感。

今でも覚えていますか?

そのときの感動を忘れてはいないですか?

いつのまにか日常になれてしまい、褒めてもらっても、失敗しても、感じなくなってしまっていたらそれは成長でも学びでもなく心の怠慢です。

感動することを放棄しているだけです。

人生をつまらないという人は原点に戻るべきです。

どんなことにも素直に感動してキラキラしていたあのころの自分を思い出してみてください。」

ちなみに、冒頭の赤毛のアンのアイスクリームのエピソードを思い出したのは、今日初めて食べた期間限定のアイスクリームがあまりに美味しくてびっくりしたからです(*^^*)

楽しいこと、おいしいことだけではなく、初めて何かができた時の嬉しさも忘れたくないものですよね。

初めて今の職場に勤め始めた時の嬉しさや、初めて何かに貢献できたと実感できた時の気持ちを忘れなければ、たとえ毎日同じことを繰り返すのだとしても、ちょっとへこむようなことがあっても、腐ることなく前向きに進んでいけるのだと思います。

今毎日様々なことに取り組んでいて、うまくいくこともいかないこともありますが、生き方を変えようと決意して取り組み始めた頃を忘れずに進んでいこうと思います。

7月最後の土曜日、どうぞ素敵なお時間をお過ごし下さいね。

理想の人間関係を築くために

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。

ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

あなたが新しい人間関係を築くときに気を付けていることは何でしょうか?

第一印象を良くすること、相手の立場に立って考えることなど、様々なことがありますよね。

特にただ仲良くするではなく、共に成長し、学びあうような関係を作っていく際に大切なのは、「まず相手の役に立つことを考えること(相手の利益を優先すること)」です。

Give&Take、ではなく、最初はGive&Give・・・なのです。

さらにいわゆる「Win-win」の関係を築いていくためには、まずは自分が動くこと。

相手のために、相手の立場に立って、相手の役に立つことをとことん続けて行きます。

それは仕事を手伝うことかもしれませんし、その人が必要としているような情報を提供することかもしれません。

そうしていくうちに相手からの信頼も育ち、良い関係も気づかれていきます。

また、人には「返報性の法則」と呼ばれる心理があり、人に何かしてもらったら、お返しを使用という気持ちになるものです(もちろん人にもよるのですけれど)。

結局、時間差はあっても、多くの場合、「持ちつ持たれつ」になるものなのです。

そして、それとは別に、人のために何かをすることは、確実に自分のためにもなります。

人は、自分のためだけなら「そこまでしなくてもいいかな」と引き気味になっていても、人の役に立ちたい、人のためにこれをしようと思えば、より良いことをしよう・やり遂げようという気になるものです。

たとえばわたしも、セミナー後にシェアをするときに「これをシェアしたら、当日参加できなかった方も雰囲気を味わえるな/少しでも学んでいただけるかな」と読んでくださる方がいらっしゃるから、数日にわたってでも書き続けようという気になれるのです。

そして、文章に書き起こしていくことで自分がセミナーで学んだこともより明確に自分の中に落とし込むことができるのですから、やはり一番自分が恩恵を被っているのは自分なのです。

人への貢献は、相手のためであると同時に、自分自身のためにもなっているのです。

人間関係が充実していなければ、人生を充実させることが難しくなってきます。

どんなときにも、相手に対する感謝と尊敬を忘れず、相手を応援していくことで、まさにWin-Winの関係にもなり、自分自身も成長していくこともできる。

そのためにも、まずは自分からの貢献をすることを大切にしていきたいものですね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

「自分の時間は自分の寿命」(和田裕美さんの日めくりより)

2016-06-30 07.34.20

「自分の時間は自分の寿命。

大事に生きる、この3分も。」

ここしばらく、朝のスムージーが習慣になっています。
前夜に野菜を刻んでおくことが多いのですが、材料をセットして、ミキサーにかけて、パンをプラスしたら(本当は朝食はスムージーだけの方が良いのですけれどね)、3分で朝ごはんの出来上がり。
後片付けにも3分もかかりません。

「久しぶりに実家に電話をかけて『元気?』と聞くことも、

言いたかった『ありがとう』を言うことだってできる。

片思いの人に『好きです』とメールをすることもできる。

謝ってなかった人に『ごめんなさい』と言うこともできる。

こんなふうに今、この瞬間に動いたら、3分後に人生の方向を変えることができるかもしれない。」

先ほど、問い合わせのためのメールを印刷しながら昨夜届いていた宅配便の不在通知にも電話を入れて再配達を依頼しました。
それも3分かかったかどうか。
3分でできること、意外と多いものですよね。

気が付けば7月最後の週末がやってきました。
でも、まだまだ7月中にできることはあるはず。
今日も素敵な1日をお過ごしくださいね(*^^*)

*明日30日は和田裕美さんの「わくわく陽転ツアー高松講演」です。
 お近くの方は、ぜひ!(^^)!

「心臓は動いています。」(和田裕美さんの日めくりより)

写真 2016-06-28 7 54 47

「心臓は動いています。

私がどんなに後ろ向きでも、

たとえあなたがどん底でも」

昨夜、Webセミナーに参加していた中で「皆さん、何時くらいに寝ていますか?」と聞かれました。
やはり睡眠時間の確保も大切なんですよね。
わたしの睡眠時間は4-5時間で、数年前に比べると数時間減りましたが、それでもフルタイムの仕事とその前後の活動ができるのは、職住近接の住環境のおかげもありますが、やはり何があっても身体が頑張ってくれているから、と自分の身体にも感謝しています。

「1日に5000個のがん細胞が生まれ、その毎瞬にわたしたちの身体の中で免疫システムが戦ってくれています。
足の爪が『俺なんで足の爪?心臓になりたいのに』とすねて爪と言う役割を捨ててしまうこともありません。
あなたの心が今どういう状態でも、私たちの身体は前を向いて生きようとその役割を必死で全うしようとしています。
暗い気持ちになったときは、身体に感謝すべきです。
食べることも歩くことも、この身体があってこそ。
『いつもありがとう』と言ってください。
身体に意識を向けた時、元気が自然に生まれます。」

体中の細胞がそれぞれに頑張ってくれているのだから、今日も1日がんばろう、そんな気持ちになります。

今日も朝ごはんを食べて、身体に栄養を送りましたか?

わたしはここしばらく朝のスムージーを続けていますが、やはり身体が喜ぶ気がします。

身体の細胞もココロも喜ぶようなことをしつつ、今日1日を健やかにお過ごしくださいね(*^^*)

「子どもの頃はもっと素直に」(和田裕美さんの日めくりより)

2016-04-27 07.24.47

「子どもの頃はもっと素直に

『ごめんなさい』とか『ありがとう』と

言えたときがあったはず。

だから人からたくさんの

笑顔をもらっていたんです。」

お友達の息子さんは、小さい頃に「靴は揃えて」と教わったことをずっと守っているそうです。
脱いだ靴を揃える、小さいようだけれど、大切なことですよね。
子どもの頃に教わったことって、大切なことが沢山あります。

和田さんが

「えらそうなことを言うくせにお礼も謝罪もできない大人がいます。

電車で二人分の席に大きく足を広げて座る大人がいます。

遅刻をしたり、期限を守れない大人がいます。

けれど、きっとそんな人でも子どもの頃はもっと素直に、『ごめんなさい』とか『ありがとう』と言えた時があったと私は信じています。

電車でお年寄りに席を譲ったり、学校にきちんと出席して宿題をちゃんと提出したことがあったと思うのです。

大人になってもなかなか立派になれない人は、子どもの頃に学んだことを忘れてしまっているのです。」

職場のお掃除の方にも挨拶をしたり、職場のドアを誰かがおさえて待っていてくださったら「ありがとうございます」とお礼をいう。
そういうひとつひとつのことが自分自身にとっても気持ちがいいし、相手の方も嫌な気はしないと思うのです。
子どもの頃に教わったこと、やはり毎日の生活の中で大切にしていきたいですよね。

今日も素敵な1日にいたしましょうね。

近日出版予定♪ 2冊目の電子書籍「Be Happy!」と新メルマガのご案内

まずは、こちらの動画をご覧くださいませ(*^^*)

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=6HLu50r7EgI

(皆さま、なぜかWord PressからURLをクリックしてもYouTubeやAmazonに飛ばないため、URLをコピペしてご覧頂くようお願いいたします。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。)

6月末に出版したわたしの初めての電子書籍「Reborn ~ライフコンパスで新しい自分を見つける~」を沢山の方に読んでいただき、本当にありがとうございました。
(Amazonでのご購入はこちらから→ http://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VSWO)

前回はわたしの軸を作り、わたしの人生を変えてくれた「ライフコンパス」の学びを中心に書いたのですが、執筆中に次にどんな本を書きたいか考えた時、「がんばっている女性たちに向けた本を書きたい」と思いました。

自分自身も現在40代半ばですが、30-40代の現在に至るまで、公私ともにいろいろなことを経験し、悩んだことも多くありました。
また、わたしの友人は30-40代の女性が多いのですが、それぞれに悩みがありながら、一生懸命生きていらっしゃる方たちの姿を拝見して、そんな彼女たちを応援して幸せになっていただけるような本にしたいと思って書いたのが2冊目の電子書籍、「Be Happy! 幸せな三〇~四〇代を過ごす本」です。

実はこの本はある講座の中で書いたものなのですが、今回の本を書く中でかなり自分の経験も書いたものの、「これは読む方にとっては書きすぎの(露悪的な)いらない情報なのかな?」「ここまで書くと、読む方にとってはウザい?」と悩んだ部分もあり、いっそ削除しようかと気になる部分を真っ赤に色付けしたりもしたのです。

講座の講師をつとめられた中西謡さん(神田昌典さんの本などを数多く手掛けられた電設の編集者で、長倉顕太さんのフォレスト出版時代の師匠)に上記のようにお伝えしたところ、「伝えたいことの説明になることであれば、うざくはない。」
というアドバイスをいただき、
あらためて自分の迷いもお伝えしつつ最終原稿を見ていただいたところ、
「言い過ぎという感じもしませんでした」
とのことで、今回は覚悟をしつつのセキララモード本になりました。
「ご自身の経験を書かれたことで、より『櫻木さんがこの本を出す意味』が増したと思います」
というありがたい言葉もいただきました。
前回の本の感想をいただいた中でも、読んでくださる方によってわたしの経験の中でもその方に響くところが異なるのだなということを実感したので、今度の本に書いたわたしの経験も、読んでくださる方に「ああ、自分にもこの経験あるけど、第三者的に見るとこういうことか」などと何かの参考にしていただけると良いな、と思っています。

それにしても、講座の中とはいえ、伝説の編集者の方に自分の原稿を見ていただけることはとてもありがたく、貴重な経験でした。

近日中に出版予定なので、出版の日が決定しましたら、改めてご案内いたしますね。

また、現在ライフコンパスについて学ぶメールマガジン「ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス」をほぼ毎日配信しております。(ご購読申し込みはこちらから→http://czy.fdrstml.info/entry/?mail_id=2)
それとは別に、毎日のしあわせの種まきをする新しいメールマガジン「Blooming Life あなたらしい花を咲かせよう」を近日中に発信予定です。
ご購読を申し込まれた方には、わたしの2冊目の電子書籍「Be Happy!」の「少し長めのまえがき」目次付きデータをプレゼントしていますので、お申し込みくださいませ。
→http://www.reservestock.jp/subscribe/54903

また、自分自身と向き合うためのカウンセリングセッションを行っております。
お悩みがある方はもちろん、「悩みがあるというわけではないけど、頭の中を整理したい」「今後の方向性を考えたい」という方も、お申し込みくださいね。
期間限定価格で受付をしておりますし、わたしの一冊目の電子書籍をお買いあげの方には人数限定でカウンセリングセッションを無料で行っておりますので(お1人1回のみ)、興味をお持ちの方は、こちらよりお申し込みくださいませ。
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/11769
*Facebookのメッセージから直接ご連絡いただいても結構です。
*基本は土日のみですが、火曜日の20時―22時も受け付けられる場合もございますので、ご希望の場合は直接メッセージをお送りください。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

「誰がなんと言おうとも」(和田裕美さんの日めくりより)

2016-04-26 08.45.16

「誰がなんと言おうとも

今がどんなに辛くても

あなたは幸せになるために

ここに生まれてきたのです。」

昨夜アドラー心理学の岸見一郎先生のトークセッションに参加してまいりましたが(それについては別途投稿します)、やはりいろいろと悩んでいる方が多いのだな、と思います。

人の言動に悩んだり、人との関係に苦しんだり。

でも、自分も他の方も幸せになるために生まれてきたのだし、それぞれの考え方があってよいのだと認めることで、ずいぶん生きやすくなるのですよね。

「私は『幸せになるために生まれてきた』と信じ込んでいます。

いいことがあったら『やっぱり幸せなのだ』と思い、悪いことがあったら『幸せをもっと感じるための学び』と無理やりでも思えるようになるからです。

けれど、『自分は不幸の星の下に生まれた』と思い込んでいる人は、いいことがあっても素直に信じることができず、いい出会いがあっても騙されるのではと疑ってしまう。

そして運を逃すのです。

だから、どうかお願いです。

今どんなに辛くても『幸せになるために生まれた』と信じ抜いてください。

それが人生の好転につながるのです。」

人と比較することもいらないし、人と分かり合えないことにこだわりすぎる必要もない。
たとえ親子であっても別の人格なのだし、追及していることもそれぞれに違う。
だからこそ、「自分も、目の前のこの方も幸せになるために生まれたんだ。その幸せの形は違っていいんだ」ととらえ、些末なことにこだわらずに本当にしたいこと、するべきことに集中していけばよいのだと思います。

そして、おこることには必ず意味がある。
本当に辛い経験で、「なんであんなことがあったのかな」と思うことも、やはりそこで自分を新しく作り直す必要があったり、そこで気付いて方向修正したり、本当の「危ない橋」を渡る前に自分を止めることだったりもしますしね。
だから、今がどんなに辛かったとしても、それは正しい方向を向いて歩いている限り、必ず自分の幸せを後押ししてくれるものなのです。

大阪は梅雨が戻ってきたかのような雨の朝です。
でも、今日はわたしはとても良い1日になる予感(^^♪
今晩は自宅で作業予定ですが、それも楽しみです。
今日も、「幸せになるために」、素敵なお時間をお過ごしくださいね♥

「挨拶も、ほめ言葉も、先手必勝。」(和田裕美さんの日めくりより)

2016-04-25 07.13.41

「挨拶も、ほめ言葉も、先手必勝。

相手の言葉を待つよりも、

相手の笑顔をもらって幸せ。」

わたしはスターバックスに行くときタンブラーを持参することが多いのですが、北海道バージョンのシロクマの絵のタンブラーを見て(でも、よく考えたら北海道にシロクマがいるのは動物園だけなので、本当はヒグマが正解のような気が・・・これも旭山動物園効果なのでしょうか)、時々お店のパートナーさんが「素敵なタンブラーですね」と笑顔でひと声かけてくれます。

何気ない一言でも、やはり嬉しいものですよね。
相手から笑顔を向けていただくだけでも嬉しいものですが、相手の方が何か自分のことを気遣ってかけてくれたその気持ちが伝わるから、その一言も笑顔もさらに嬉しいんですよね。

「あなたが元気になる言葉とは?

今の心理状態によって言葉の受け取り方はそれぞれですが、やはり褒めてもらえば誰だってやる気がでるはず。

自分の頑張りを認めてもらうことは、私達のモチベーションの源だからです。

『さすが、仕事がはやい』『あなたになら安心して任せることができます』『いつもセンスがいいね』『お母さんの料理は最高!』など、あなたはこんな言葉を使って誰かを元気にしていますか?

言葉に思いやりを込めて伝えていますか?

誰かの言葉を待つ前にあなたが先に言っていますか?」

タンブラーを褒められたって嬉しいのですから、自分がしたことを褒められたら、さらに嬉しいものですし、「またがんばろう」「もっとこの方の役にたとう」というモチベーションにもなるものです。

週明けの今日も、自分からの笑顔や挨拶、心を込めた一言をかけていきたいですね。

ちなみに昨日も用事の合間にスタバに行ったのですが、日曜午後の混む時間帯にも関わらず、目の前の1席があいて、待たずに座ってコーヒー&読書のひと時を楽しむことができました。
あーありがたいなあ、と思いつつ目の前のガラスの向こうを見ると、片手にバイキンマン、もう片手にどきんちゃんのぬいぐるみをがしっとつかんだ3つくらい?の女の子が嬉しそうにくるくる走っていて、若いパパさんが「まてまて~」と笑顔で女の子を追いかけていました。
コーヒーと、アドラーと、アンパンマンのばいきんペア(?)とくるくる巻き毛の女の子とパパ。
なんだか素敵な日曜午後の登場人物だこと、と思いながら楽しんだひと時でした。

7月最後の1週間も、素敵な1週間にいたしましょう(*^^*)
Happy Monday!

*拙著「Reborn ~ライフコンパスで新しい自分を見つける~」→ http://www.amazon.co.jp/dp/B01HQ1VSWO
*Newメルマガ「Blooming Life あなたらしい花を咲かせよう」近日発信開始
お申し込みくださった方に近日出版予定の電子書籍第2弾「Be Happy!」の「少し長いまえがき」をプレゼントしています。
ご購読申し込みはこちら→
http://www.reservestock.jp/subscribe/54903
*ライフコンパスについて初歩から学ぶメールマガジン
「ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス」
「ライフコンパスって何だろう?」とちょっと興味を持っている方にもわかりやすくお伝えできるように、ほぼ毎日配信しています。
ご購読申し込みはこちら→
http://czy.fdrstml.info/entry/?mail_id=2
*カウンセリングセッションのお申し込みはこちら(または直接ご連絡ください)
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/11769

*基本は土日のみですが、火曜日の20時―22時も受け付けられる場合もございますので、ご希望の場合は直接メッセージをお送りください。

「『何もしない1日』と決めてしまう」(和田裕美さんの日めくりより)

2016-04-24 10.03.23

「『何もしない1日』と

決めてしまう。

そして前向きに何もしない。」

昨日も今日もやはりあれこれしたいことがあり、なかなか「何もしない」とはならないのですが、「睡眠時間はゆっくりとろう」と思い、目覚まし時計をかけずに眠ってみました。
6時間眠ることは平日はまずないので、ちょっと贅沢をした気分です。

「もし、どうしても動きたくない日があったら、自分ってなんてダメなんだと自己否定しないで、『今日はだらだら時間を有意義に過ごすぞ』と決断して前向きに過ごせばいいと思います(それが毎日だとちょっと困りますが)。

時間をうまく使う秘訣は、その時間を決して無駄だと感じないことです。

失敗にも意味があるように、ゆっくり何もしなかった日にも意味があります、

疲れが取れてよかったなど、自分の過ごし方を肯定するといいのです、

そうすれば翌日はきっとテキパキと動ける時間を過ごせると思うのです。」

ゆっくり過ごす日を確保するためには、それ以外の日にすべきことをしておく必要もあるなと思います。
余計なもの・ことを整理するからこそ、心身もすっきりして休んだり、新しいものをいれていくこともできますしね。

わたしも今日の日曜日もすると決めたことをして、充実した一日にしようと思います。
このあとは、まずは身辺整理(^^♪

今日も素敵な1日をお過ごしくださいね(^^♪

メルマガ「Blooming Life あなたらしい花を咲かせよう」のご購読申し込みはこちら→
http://www.reservestock.jp/subscribe/54903
カウンセリングセッションのお申し込みはこちら(または直接ご連絡ください)
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/11769
*基本は土日のみですが、火曜日の20時―22時も受け付けられる場合もございますので、ご希望の場合は直接メッセージをお送りください。