月別アーカイブ: 2016年5月

和田裕美さんの日めくりより『誰かがどこかで笑っている』

2016-03-31 07.30.13

「誰かがどこかで笑っている、

誰かがどこかで泣いている。

みんな一緒に感じているから。

同じ空の下で。」

今日の大阪は、目が覚めたころは少しどんよりしていましたが、今は光が差していて、わたしも洗濯ものを外に干しました。

もしかしたら、この空の下で、あなたも「今日は晴れそうだな」と洗濯物を干しているかもしれませんね。

逆に、どこかで「今日の天気はいまいちだから、内干しにしよう」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

「今、世界中のどこかで笑っている人がいると思います。

裸で走っている人がいると思います。

おなかをすかせた人がいると思います。

学校に行かない人もいると思います。

オーロラを見ている人も、恋人にキスをしている人も、涙でおぼれそうな人も、怒って机をたたく人も、いろんな人がいるのです。

私の会ったこともない誰かが、私の知らないどこかの世界で今を生きている。

そして、私も同じように生きているのです。

今、世界のどこかで悲しいとき一緒に泣いている人がいます。

ひとりじゃない。

さみしくない。

昨日をリセットして今日また新鮮になって生きるのです。」

沢山の人たちが、この空の下、それぞれの場所で、今日のこの日を生きているんですよね。

そして、大切な人とは、離れていてもどこかで気持ちがつながっていると思うのです。

しめしあわせたかのように家族や友人とほぼ同時にメールや手紙を送りあっていて、あとからびっくりすることってありませんか?

そんな風に、物理的には離れていても心が通う人たちも、あったことがない沢山の人たちも、それぞれに今日の1日を生きています。

よし、わたしも今日を良い日にしよう(^^♪

5月も今日で最後、素敵な1日をお過ごしくださいね✨

「成功」の確立は100%(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-03-20 17.34.47

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

ライフコンパスの学びのお仲間はそれぞれに努力をし、大きく前進をされている方が多いのですが、ここ最近のことだけでも、

夢だったお店を開店されて地元のラジオ番組で取りあげられたり、

地元新聞のカルチャーセンターの講座を持つことになったり、

ご本人にとってとても大切な素敵な場所でのライブ開催がきまったり、

と「すごいなあ」「これまでのご本人の努力が実ったんだな」とうれしくなることばかりです。

すべては皆さんがあきらめずに行動されてきた結果なんですよね。

「ライフコンパス言霊学」では、「成功」は、

「できるまで、うまくいくまで続けること。

続けている限り、その確率はいつでもどこでもどんなときでも100%」

と定義されています。

「成功」というとはるかかなたのような遠い響きがありますが、「とにかくできるまで続けていれば、実現できるんだ」と思うと、力が湧いてきませんか。

ミッションの実現や具体的な目標の達成に向かって行動していくなかで、何かしらの困難があっても、そこであきらめずに「もう一度やってみよう」「改善策を考えよう」と何度も挑戦することが大切なんですよね。

もしかしたら、あと1歩のところまで来ているのかもしれない。

それなのに、そこでやめたら、あまりにもったいないですよね。

時には自分の体調や家族の問題などでスピードが落ちることがあったりしても、ベビーステップの歩みを続ける。

それもできなくて、やむを得ずいったん活動を止めることがあったとしても、体調や状況が整ったら、また歩き始める。

そうした一歩一歩の積み重ねが、大きな成功にもつながっていくのだと思います。

井上先生は

「100%の確率があるということは、誰でも成功できるということです。

人はみな成功体質をもって生まれてきているのです。」

とおっしゃっています。

誰でも成功できるのだと思うと、勇気が湧いてきませんか。

いきなりどーんと大きな成功をすることは難しくても、日々の努力を重ねる中で、小さな成功体験を重ねることも、自分に大きな自信とやる気を与えてくれますね。

あきらめずに、一歩一歩、進んでまいりましょうね。

本日のQuestion:
あなたは今日、どんなことを成功させましたか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

いくつになっても「自立」していたい(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-04-30 11.25.15

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

自立というと、経済的なことがまず思い浮かびそうですが、もちろん精神的な自立もありますよね。

「ライフコンパス言霊学」では、「自立」は

「人に依存しないで、自分一人の力だけで生きていく強さを持つこと。

孤立とは違う。」

と定義されています。

もちろん家庭や職場でわたしたちは多くの人と助け合って生きているのですが、基本的に自分の力で生きていく力や知恵、行動力や判断力をもち、1人で生きていくことができるのが、「自立」なのです。

そのうえで、人と助け合ったり補い合ったりすることもできるので、「孤立」とは違うのです。

また、自立して自分の生き方を持っていると同時に、相手の生き方も認めます。

だからこそ、必要な時は助け合いますが、それ以外ではいたずらにもたれ合うことなく、それぞれに自分の力で自分の生き方を貫いていくことを良しとするのです。

いつも一緒にいるのではなくても、それぞれがそれぞれの場所で活動し、いざというときは助け舟を出したり、お互いの記念日を祝う、というご家族のお話を伺うと、まさにそれぞれが自立している関係なのかな、と思います。

井上先生は、自立するためには3つの条件が必要とおっしゃいます。

1)自分の足で立っていること。
知識や経験、スキルをもち、経済的にも自分の口を自分で養うことができることが自立の基本となります。

2)自分の行くべき道がわかっていること
ミッションがあるから、迷うことなく一人で歩いて行けるのですよね。
3)自分の頭で考えられること
常に「次はどうするの」「〇〇はどうしたらいいの」と聞くのではなく、自分で原因と解決策を導き出すことができることが必要です。

さらにいうなら、わたしはアタマ・ココロ・カラダの3つで自立していることが大切だと思っています。

もちろん、年とともに若い頃にできたことが難しくなったり、体力が徐々に衰えることで、だんだんに人様の助けを借りる機会も増えるでしょう。

それでも、常に自分が自立していることを旨とし、できるだけ自分のアタマで考え、ココロ豊かに、1人で行動することができるように、今から心がけておきたいものですね。

特に、年老いても自立した生活をするためには、体のケアも大切にしておきましょう。

いくつになっても、アタマ・ココロ・カラダの全てにおいて自立して生きることで、人生をより豊かなものにしたいですよね。

本日のQuestion:

あなたは自立の3条件の全てを満たしていますか。
満たしていれば、今後どれを強化していきますか。
もし満たしていないとすれば、今後、何をどのようにして身につけていきますか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

自他に「誠実」であること(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-05-21 21.55.22

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

わたしは誠実とは人に対しての態度だと思っていたのですが、「ライフコンパス言霊学」では、「誠実」は

「自分自身が打ち立てた生き方に忠実でありながら、他者の生き方も尊重すること。

自然体で生きていくこと。」

と定義されています。

つまり、誠実とは他の人に対する態度である前に、自分自身の原理原則/ミッションに対して忠実であり、確固たる自分自身の生き方を貫いた上で、他者をも尊重する、ということなのです。

自分自身の生き方を大切にするからこそ、他者をも尊重することになるのですよね。

生き方は、命そのもの。

ですから、自分の命も他者の命も、自分の生き方も他者の生き方も、等しく尊いから、どちらに対しても誠実に向き合うことが大切なのだと思います。

井上先生は、誠実には次の3つの要素があるとおっしゃいます。

1)ブレない
いつも首尾一貫して自分の生き方を貫いているから、相手にもわかりやすく、信頼することができます。

2)裏表がない
言葉でいいことをいっていて裏でひとを貶めるようなことをしていては、人から信頼されることはないでしょう。
首尾一貫しているからこそ、周囲も心から信頼できるのです。

3)飾らない
余計なものがないから、相手に本質的なものが伝わり、相手も共感しやすいのです。

この3つをまとめて一言であらわすと、「自然体でいる」ということになります。

誠実であることは無理をしない等身大であること、と考えると、だからこそ自分の生き方を貫き、それに対して忠実であることが大切なのだと腑に落ちる気がしませんか。

自分だけのミッションを作り、それに沿って生きることは、そのまま誠実に生きることにもつながりますね。

本日のQuestion:

あなたは誠実の3要素のうち、すべてを満たしているでしょうか。
もし満たしているとすれば、どれを強化しますか。
もし満たしていなければ、今後、どれをどのくらい強化していきますか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

4つの「自由」(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-05-21 21.55.33

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

あなたにとって「自由」とはどんなものでしょう。

以前のわたしにとっては「憧れるけど、ちょっと遠いかな」と感じるものでしたし、簡単に自由に手を伸ばすことに気が引けてもいました。

「自分の自由にしていいのか」、そんな風にも感じていたのです。

でも、気が付いたら、仕事も「正社員」にとらわれることなく好きな仕事をして、使いたいことにお金も使い(さすがに限度はありますが)、会いたい人に会いに行き、自分の心身にあまり無理をさせずに毎日を楽しんでいます。

「ライフコンパス言霊学」では、「自由」は、

「世間の常識やルールを超越して、誰にも邪魔されない、自分だけの、自分にしかできない生き方を確立すること。

4つの自由がある。」

と定義されています。

以前のわたしも自由とは「勝手気まま」のように感じていて、だからこそ罪悪感のようなものすら感じていたのですが、それは自由とは異なる、文字通りに「勝手気まま」な状態でしかないのです。

自由であることは、世間の常識にとらわれず(かといって否定するわけでもなく、それとは一線を画し、さらに超越していくのです)、他者をも尊重しつつ、自分の軸、ミッションを核とする生き方を追求していくことなのです。

そして、井上先生は自由には「お金の自由」「仕事の自由」「人間関係の自由」「健康の自由」の4つがあり、4つすべてを揃えることで、初めて真の自由を獲得できるとおっしゃっています。

1)お金の自由

コストや資金を気にせずに、やりたいことをトコトン追求していくこと。

お金を稼ぐことに罪悪感を感じることもなく、「お金がないから、あきらめる」のでもなく、自分自身が本当にしたいことのためにお金を稼ぎ、使うことができるようになっていきます。

2)仕事の自由

本当にしたいことを誰にも邪魔されずに追求できること。

収入や安定した立場よりも、本当にしたいことを追求できるようになり、アイディアや実行力を持つことで、更にこの自由度は高まります。

3)人間関係の自由

どんな人ともアクセスできる人脈があること。今の時代、ひと昔前から考えられなかったくらい、立場の違う人にもアクセスできたり、会いに行くことができるようになってきました。

どれだけ人にアクセスできるかは、あなたが明確な生き方を持ち、人として誠実であるかにもかかっています。

4)健康の自由

いつでもどこでも心身ともに健やかな状態でいられること、

健康でなければしたいこともできないのですから、健康はすべての基本です。

若いうちから規則正しい生活をすることなどで、将来にわたる健康を維持することが必要になります。

ライフコンパスの中では、人生全般に及ぶミッションの下、仕事・お金・人間関係・健康すべて充実させていくことが非常に重視されています。

自由はなんとなく手に入るものではなく、勝手気ままに振舞うことでもなく、自分の軸、ミッションを核とする生き方を追求する上で、上記の4つすべてを満たして、勝ち取っていくものなのです。

だからこそ、自由は尊いのだと思います。

本日のQuestion:

あなたは4つの自由のうち、すべてを満たしているでしょうか。

もし満たしているとすれば、どれを強化しますか。

もし満たしていなければ、今後、どれをどのくらい強化していきますか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

「勇気」のスイッチをいれる(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-05-21 21.55.27

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

最近、あなたは、何かをしたいときに「うわ、これをするのには勇気がいるな」と思ったことはありますか?

小さなことでもいいのです。

「あの人はどうしても苦手で、声をかけづらいなあ」と思いつつ、ようやく挨拶ができるようになった、くらいのことでもいいのです。

はたから見ると小さなことでも、本人にとってはかなりの勇気がいる場合もありますよね。

「ライフコンパス言霊学」では、「勇気」は、

「行動するときに、失敗を恐れず、一歩前に踏み出す強い気持ち。

誰もが持っているが、スイッチを入れなければ現れない。」

と定義されています。

人間関係にしても、仕事にしても、うまくいくかどうかわからないから不安を感じ、一歩踏み出すのに勇気が必要になるのですよね。

でも簡単に出てこないから困るわけですが、なぜ簡単に出てこないのでしょう?

それは、「だって、あの時もうまくいかなかったし」「今回も、同じことになるかも?」と過去の「失敗体験」が勇気を出す前に不安をあおってくるからです。

それならば、そこに持ち出すべきものは過去の「成功体験」です。

今しようと思っていることで似たような経験があれば「あれもできたんだから、これもできるよ」と考えやすいかもしれませんが、もしなくても、全く違う成功体験でもよいのです。

「あんなことだってできた自分なんだから、これだってできるんじゃない?」と、「できない」から「できるんじゃない?」「できるかも」「できる気がする」まで考え方を変えるだけでもかなりの進歩です。

そう思ったら、またいろいろ「いや、やっぱりうまくいかないし」などと余計なことを考えないうちに、えいやと一歩踏み出して、取り組んでしまいましょう。

その癖がつくと、たとえうまくいくかどうかわからないことに直面しても、あなたは勇気のスイッチを押して、一歩をいつでも踏み出せるようになっていきます。

たとえうまくいかなくても、その一歩を踏み出せたことで、「あの時はうまくいかなかったけど、挑戦できた自分」に対して、あなたは自信をつけることができます。

また、人間関係についての勇気は、相手との様々な関係や事情があって一筋縄ではいかないもので、悩んでしまうことも多いと思いますが、ここでの究極の対処法は

「この人と会うのは今日が最後だと思って接する」

ことです。

とても苦手な相手で、会話することにもどきどきするような相手でも、会えるのは今日が最後だと考えると、「最後なんだから、思い切って話してみよう」「相手のすることを、そのまま受け止めよう」と不安や恐れを脇に置くことができるのではないでしょうか。

わたし自身、苦手な相手はいます。

でも、「この人と会うのは、今日が最後」、そう思って、悔いのないように相手と丁寧に向き合っていきたいと思います。

また、「新しいことに取り組むこと」に対しては、潜在意識の現状維持メカニズムが働いていて(良い状態でも悪い状態でも今の自分の状態を保つ働き)、これまでのあなたの状態を維持しようとしている、ということもあります。

もし「やったほうがいいのに、なぜこれをする勇気がでないんだろう」と思ったときには、「これは潜在意識の現状維持メカニズムが働いているからかも」と考えてみることも、不安を吹き飛ばす助けになるかもしれません。

潜在意識の現状維持メカニズムのことも、頭に置いておきましょうね。

本日のQuestion:
あなたにとって勇気が不足する時、湧いてくるときはそれぞれどういうときですか。
また今日1日は勇気をもって行動できましたか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

【就職人気ランキングって・・・】

2016-05-21 18.45.23

昨日、素敵なご夫婦主催の経済セミナーに参加したのですが。

講師の方のお話が面白く、笑うところも多かったのですが、いろいろと考えさせられるところもあり。

世の中はすごいスピードで変わっていっているのに、なかなかそこについていけてないことも感じていたりして。

正直、半年前(昨年12月22日)には思いもしなかったことも、公私ともにいろいろ起こったし。

マイナス金利なんてものがはじまるとも思っていなかったし、

九州の大地震がおこることももちろん知らなかったし、

前の仕事の契約が突然前倒しで終わることも知らなかったし、

さらにその後働きたいと思っていた近所の会社での仕事が決まる(=通勤時間が片道10分になって、自分の時間の自由がきく)ことも、

自分の初の電子書籍が6月に出ることも(今のところ「予定」と伝えられていますが)、

・・・・・とにかく、たったの6か月の間にも、いろいろなことがあったわけで。

これからも物事のスピードが速まっていくんだとしたら、ついていくのって本当に大変だな、とちょっとくらくらしながらお話を伺っていました。

でも、つい最近発表された就職先人気企業ランキングを見て、特に文系学生の人気企業って、上位10社の内訳は

金融   4
航空   2
広告   2
旅行会社 2

というもの。

わたしが社会人になってから20数年たつけれど、そのころとあまり変わっていないことに驚きました。

しかも、1位が某大手旅行会社だったのですが、これだけインターネットで個人が手軽に低価格で旅行の手配ができるのですから、企業としての先行きは・・・・なのに、そこが1位とは驚きました。

講師の方は金融出身なので、ランキングに上がっている銀行や保険会社の内情もご存じなのですが、大学で講義をする際には、そのようなことは言ってはいけない、と言われているそうです。

うーむ、そこまでチェックが入るのか。

まあ、学生さんの夢や希望を奪わずに、大手企業に就職してもらった方が、大学としても実績として胸を張れるという大人の事情もあるのですが。

そして、講師の方が「学生が就職先を選ぶとき、パパとママの笑顔で選ぶ」とおっしゃっていたのが衝撃的でした。

自分が面白いと思う仕事内容とか、それぞれの企業の魅力よりも、親が喜ぶような有名企業を選んでしまうのでしょうね。

いやいや、そこでいい子にならなくていいんだって。

自分の仕事なんだから、自分で選ぼうよ。

そう思うけど、20-22歳の学生さんだと、それができないのかな。

というか、親の価値観を超えるものがまだ自分の中に育っていないのかも。

そんなことを思いつつ聞いていました。

ちなみに、講師の方は20数年前の就職活動時、JALに行こうとしたら、当時旅行業をされていたお父様に「やめとけ。通産省が半分入ったような企業、いつかつぶれるから」と言われてやめたとのこと。

その後、JALが本当にその方のお父様の言葉通りになりましたよね。

今の就職ランキング上位の企業に入っても、いつどうなるかわからないわけです。

就職先の会社の名前ではなくて、自分が人としてどうか、プロとしてどんなことをできるか、どんな生き方をしたいのか、まで考えて選ばないと、どこかで行き詰るよね、と思ったりしました。

翻って自分のことを考えても、今は翻訳・通訳の仕事をしていても、Google翻訳が善言語に対して音声通訳ができるようになっていて、AIだって着々と日々すごいものになっていく。

その中で、わたしという人間のする仕事として、どんなことができるのか。

そこで勝負できる自分でいないといけないんだな、等と言うことを改めて考えさせられたセミナーでした。

それにしても、セミナーのためなら多少足を延ばすのは苦にならないのですが、ちょっとカフェに入ろうと思っても、週末の街中は人が多くて、カフェでお茶するのもままなりません。

自宅から少しだけ足を延ばして心地がいいのは、今は京橋あたりです。

スタバが2件、まあまあのサイズの紀伊国屋があって、行きつけのお店もいくつか。

ここのスタバならほぼ待たずに入れますしね。

今日も実は京橋のスタバで書いています。

お客さんが8割がた宿題だったり読書だったり、作業をしています。

夕方に予定があるので、わたしもそれまで作業させていただこうっと。

謙遜ではなく「謙虚」(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-05-21 21.55.52

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

あなたは「謙遜」も「謙虚」も同じことのように思っていませんか?

「ライフコンパス言霊学」では、「謙虚」は、

「明確な生き方を持った人が、相手の生き方を認めて受け入れること。

へりくだったり、自己否定することではない。」

と定義されています。

つまり、謙虚な人は、自分の生き方をもっていて、そこに自信もある人で、だからこそ、他者も認めて受け入れることができるのですね。

結果を出してもそれを折り高ぶることなく受け止め、また次に進むために努力していく人が、謙虚な人なのです。

謙虚な人が褒められたとしたら、「ありがとうございます」「おかげさまで」と答えることでしょう。

それに対して、謙遜している人は「いやいや、たいしたことありません」「いえ、まだまだです」と答えます。

へりくだっているように見えて、自己否定をしているのです。

その場で「自分をえらそうに見せたくない」という真理が働いていることもあるでしょうし、本当に「まだまだ」と思っている場合もあるのかもしれません。
(ごくまれに、話している場所と相手によってはそう言わざるを得ないこともあるのかもしれませんが)

でも、自分がそこに至るまでに努力して成し遂げた結果、今の自分があるのであれば、たとえまだ上を目指すとしても、それまでの自分を否定する必要はないわけです。

自分の目指すミッションなり理想の自分があり、それに向かって努力をしている中での今の自分があり、それに対する褒め言葉を受けたのだとしたら、やはり「ありがとうございます。もっと伸びられるように、頑張ります。」と前向きな言葉を返したいものですよね。

あなたの潜在意識はあなたの言葉を聞いているのですから、あなたが「まだまだ」などと言ってしまうと、「あ、まだ自分はできていないのか」とそのように動いてしまいます。

自分自身を謙虚に受け止めて前進していけるようになると、他の方に対しても、同じように受け止めて「ここまでできる/できるようになったあなたはすばらしいですね」と認められるようになります。

井上先生も、

「相手に何かするときは謙虚に振る舞い、相手に何かしてもらうときも謙虚に受け入れる。

謙虚になると、人間関係はとてもスムーズになっていきます。」

とおっしゃっています。

謙遜ではなく、謙虚に。

間違えずに、「謙虚」を座右の銘にしておきたいですよね。

本日のQuestion:
あなたが最近、人からアドバイスされた時に、どういう対応をしましたか。
また人にアドバイスしたときに、どんな言い方をしましたか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

無理をしない「貢献」(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-05-05 13.41.13

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは。

ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

家庭でごはんをつくったり、職場で自分の力を発揮したり、あなたは日々いろいろな形で周囲に貢献されているのではないでしょうか。

「ライフコンパス言霊学」では、「貢献」は

「相手のために自分ができ得る最大限のことをして成長すること。

するほうもされるほうにもメリットがある。」

と定義されています。

大事なのは「自分ができ得る最大限のこと」で、無理をして自分ができないようなことをする必要はないのです。

仮にあなたが「家族の喜ぶ顔が見たいから」といって毎日プロが焼くようなパンを焼こうと思っても、あなたにその経験がないなら、かなり難易度は高いですよね。

そして、そのためにあなたがへとへとになっていたら、家族もあまり嬉しいとは思わないのではないでしょうか。

あなた自身の負担になるだけでなく、相手の幸せにも結びつかないなら、貢献とは言えませんね。

でも、「今日は時間があったから、いつもよりちょっと手間暇をかけて、デザートを作ってみたの」とあまりあなたの負担にならない範囲でちょっとがんばってみたことなら、相手も素直に「ありがとう、嬉しいな」と喜べますし、あなたも「作ってよかったな」という気持ちになるでしょう。

相手との関係も、さらによいものになるのではないでしょうか。

井上先生は、貢献の実質的な価値は、

「相手のために動くことで、まず相手が喜んでくれる。

それでいて自分も成長すれば、自分の環境もよくなる。」、

とおっしゃっています。

まさにWin-Winの関係ですよね。

そして、相手のためにすることで自分自身が恩恵を受けることになるのですから(それを主目的にするわけではありませんが)、無理のない形で、相手の役に立つことや、喜んでくいただけることを続けていきたいものですね。

あくまでも、自己満足ではなく、相手の役に立つことで、そして無理のない形で続けていきましょうね。

本日のQuestion:

あなたが貢献したいと思う人を3人挙げてみましょう(たとえば、親、上司など)。

その相手にあなたは明日どんな貢献をしていきますか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

2016-05-05 13.41.13

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

ハードルが低い「独創性」(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-05-18 08.29.00

2016-05-18 08.28.38

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

*「ライフコンパス」とは、井上裕之先生が提唱されている、ミッションと潜在意識を2つの柱とする人生哲学です。

こんにちは、ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

前回までは5月5日に行われた井上裕之先生と井内由佳先生のセミナーのシェアをお送りしてまいりましたが、今回より、「ライフコンパス言霊学」の学びを再開いたしますね。

「独創性」、何やら敷居の高い響きがいたしますし、「自分にあるのかな?」と感じたりしてしまいます。

「ライフコンパス言霊学」では、「独創性」は、

「誰もが持っていて、実行できるもの。

誰もやらなかったこと、誰も気がつかないことをやるのもその1つ。」

と定義づけられています。

井上先生はこの「独創性」を次の3つに分類されています。

世の中にはまだないものを作ること
これができるのは発明家や専門家などに限られます。

誰もがやりたくないこと(イヤなこと)を徹底してやること
「なぜそれが独創性に結びつくの?」と言われそうですが、誰もが必要としているのに人がしたがらないことには取り組んでいる人が少ないので、自分が創意工夫をこらして取り組んでいれば、それがそのまま反映されて、他の人がしない「独創性のあること」になっていくのです。

誰も気づかなかったことをやること
「エキナカビジネス」のように、世の中の隠れたニーズをいち早くつかんで実用化すること。

は確かになかなかハードルが高いことですが、やなら、何か自分でもできそうな気がしませんか。

特に、については、すでに世の中にあるものに世の中の隠れたニーズを結びつけたり、自分なりのアイディアですでに存在するいくつかのことを組み合わせて新しいものを作ることができるのですから、に比べるとかなりハードルが低くなる気がします。

こうして考えると、「独創性」は「誰もが持っていて、実行できるもの」だということが、とても腑に落ちますよね。

ライフコンパスの認定コーチの方の活動を拝見しても、ライフコンパスと美を結びつけている方、就活生向けのコーチングをされている方など、ライフコンパスとその方独自の個性や経験などを結びつけて、それぞれの独自な活動をされています。

それもすばらしい独創性の発揮ですよね。

わたしの場合はライフコンパスでミッションと軸を作ることを基本として、陽転思考で日々の幸せを実感し、自己肯定感を上げ続けているので、自分の活動の中でそういったことをお伝えしていきたいと思っています。

あなたはどんな独創性を発揮していらっしゃるでしょうか。

本日のQuestion:
あなたは独創性の3つのうち、どれかに取り組んでいますか。
もし3つすべてに取り組んでいるとすれば、どれを強化しますか。
もし取り組んでいないなら、今後どれに取り組み、強化していきますか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。
 
メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp