月別アーカイブ: 2016年3月

【和田裕美さん・わくわく陽転ツアー2016のご案内】

【和田裕美さん・わくわく陽転ツアー2016のご案内】

和田裕美さんの人生を好転させる「陽転思考」を和田さんご本人から学べる「わくわく陽転ツアー2016」の情報を、いち早くおしらせできることになりました!(和田裕美事務所からお許しがでました)

和田裕美事務所からの正式発表は4月上旬予定で、申し込み開始予定は4月中旬予定ですので、申し込み方法や費用等の詳細情報は正式発表をお待ちいただきたいのですが、まずは開催場所・日にちだけでもお伝えしたいと思いますので、お住まいに近い会場の日にちをまずはご確認くださいね(*^-^*)

なお、神戸会場にはわたしも会場スタッフとして参加しておりますので、会場にて皆様のお越しをお待ちしております。

【開催日程・会場】

時間帯はすべて午後です。

基本的には14:00~16:00予定ですが、東京だけ13:30~15:00になります。

若干の時間変更の可能性もありますが、午後であることは変わらない予定です。

5/21(土) 博多 @TKPザイマックス博多駅前シティセンター ホールB

6/11(土) 神戸 @三宮研修センター B

6/12(日) 高松 @高松センタービル 大ホール

7/9(土) 大阪 @TKPガーデンシティ大阪梅田 13B

7/10(日) 伊勢 @伊勢シティホテル 平安・桃山の間

7/17(日) 金沢 @金沢ビジネスセンター カンファレンスホール6C

8/6(土) 東京 @ポプラ社1Fコンベンションホール

(個人的には江戸川乱歩の「少年探偵団シリーズ」等を出されたポプラ社さん1Fで開催される東京海上の場所が好きです(*^-^*) わたしが愛してやまないたい焼き屋さん「わかば」も徒歩圏内(^^♪)

なお、博多、大阪、金沢、東京では本セミナー後に人数限定のプレミアムセミナーも開催予定とのことです。

わたしが人生の軸としている「ライフコンパス」は、個人的には絶対学んでおいた方がいいものだと思いますし、間違いのないものですが、今この瞬間にすぐに身につけられるものではなく、ある程度時間をかけて自分と向き合いながらその根本についてじっくり学ぶ必要があります。

それに対して、「陽転思考」は教わったその日からでも十分に自分のものにできるのです。

だから、「今こんなに辛い自分をこの瞬間にどうにかしたい」という人がいたら、その人に処方するべきは「ライフコンパス」よりも「陽転思考」だと思います。

右も左もわからないような暗闇の中で打ちひしがれている時、片隅にたった一つ光っている石ころを見つけて、その光に励まされていまこの瞬間に立ち上がるためには、やはり陽転思考があったほうがいいと思います。

わたしにとっての陽転思考は、「失敗もするし、傷もつくけど、立ち直りも早い」、そんな自分を支えてくれる、魔法の塗り薬のようなものなのです。

この塗り薬、いったんきちんと身に着ければ、決してなくなることはありません。

でも、それも「誰から教わるか」が重要なんです。

本を読んでも学べるのですが、それだとわかった気になって、大事なことを見落としてることもあるんです。

ええ、わたしがそうでしたから。

だからこそ、わたしはあなたに和田裕美さん本人から、陽転思考を学んでいただきたい。

「どんなことがあっても、大丈夫」と思える、「陽転思考」という名の魔法のおくすりを、ぜひ身につけていただきたい。

ぜひ、和田裕美さんという愛すべき人から、この「陽転思考」という人生を幸せにする生き方・考え方を受け取ってくださいね。

「陽転思考」は、あなたの人生を、間違いなく幸せなものへと導いてくれますから。


和田裕美さんの日めくりより「誰かがどこかで笑っている」

2016-03-31 07.30.13

 

「誰かがどこかで笑っている、

誰かがどこかで泣いている。

みんな一緒に感じているから。

同じ空の下で。」

 

わたしはもともとは北海道出身で、今も家族は札幌に住んでいます。

その他、離れたところに住んでいる友人知人も多いので、「離れていても同じ空の下にいるんだな。」と感じることも多いです。

 

「私の会ったこともない誰かが、私の知らないどこかの世界で今を生きている。

そして、私も同じように生きているのです。

今、世界のどこかで悲しいとき一緒に泣いている人がいます。

ひとりじゃない。

さみしくない。

昨日をリセットして今日また新鮮になって生きるのです。」

 

それぞれの場所で、様々な思いを抱えながら、みんな今この瞬間を生きているんですよね。

そして、離れていても、あなたのことを思っている人が、必ずいます。

 

3月の最終日も、大切に過ごしましょうね。

どうぞ素敵な1日をお過ごしください(*^-^*)

「和田裕美さんの日めくりより『誰かがどこかで笑っている』」

「和田裕美さんの日めくりより『誰かがどこかで笑っている』」

「誰かがどこかで笑っている、

誰かがどこかで泣いている。

みんな一緒に感じているから。

同じ空の下で。」

わたしはもともとは北海道出身で、今も家族は札幌に住んでいます。

その他、離れたところに住んでいる友人知人も多いので、「離れていても同じ空の下にいるんだな。」と感じることも多いです。

「私の会ったこともない誰かが、私の知らないどこかの世界で今を生きている。

そして、私も同じように生きているのです。

今、世界のどこかで悲しいとき一緒に泣いている人がいます。

ひとりじゃない。

さみしくない。

昨日をリセットして今日また新鮮になって生きるのです。」

それぞれの場所で、様々な思いを抱えながら、みんな今この瞬間を生きているんですよね。

そして、離れていても、あなたのことを思っているひとが、必ずいます。

3月の最終日も、大切に過ごしましょうね。

どうぞ素敵な1日をお過ごしください(*^-^*)


休むだけではない「回復」(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-03-24 14.04.46

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

こんにちは、ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

今日が職場の年度末最終日、という方も多いのではないでしょうか。

連日の激務で、疲れが溜まっている方もいらっしゃることでしょう。

わたしも経験がありますが、忙しいのが当たり前になると、「ランナーズ・ハイ」のように「一生懸命にやってれば仕事も進むし、楽しくなってくるし」と半ば気分が高揚して残業するのも苦にならないこともありますが、やはり見えない疲労は少しずつ蓄積されているのです。

その疲れを取るためのケア、十分できているでしょうか?

「ライフコンパス言霊学」では「回復」は、

「しっかり休養して疲れをとって、なおかつ知力・気力・体力をウォーミングアップさせて臨戦態勢ができている状態。

たんなる復旧とは異なる。」

と定義されています。

疲れは、たとえ仕事でも、プライベートの活動でも、「ああ、もうくたくただから、休みたいな」と言うときだけでなく、「ああ、楽しかった、いい経験ができてよかったな」というときも、やはり蓄積しています。

充実感を感じている時も、「もうちょっと頑張りたいな」という時も、やはりしっかり休んで疲れを取ったほうがいいのです。

「まだまだ大丈夫」と自分では思っていても、充電が切れたら途端に携帯が使えなくなるように、疲れも限度を超えると、途端にカラダもいうことも聞かなくなりますし、アタマも集中できなくなり、ココロも余裕がない状態になってしまいます。

まずは休養して心身をしっかり休めることが重要ですが、回復はリラックスして身体を休めるだけでなく、また100%の力を発揮して活動することができるように、知力(アタマ)・気力(ココロ)・体力(カラダ)をリチャージし、またすぐに活動する準備をしておくことまでを含めます。

ですから、土日にまずは心身を休めたら、翌週の予定を見直したり、気になっていた本を読んでみたり、ウォーキングやランニングなどで身体を動かしてみたり、というようにアタマ・ココロ・カラダをウォーミングアップし、翌週はすぐにエンジンがかかった状態で活動を始められるようにしておきます。

休むときは、まずは十分リラックスして心身を休めることが大切ですが、知力・気力・体力すべてをウォーミングアップして、「回復」した状態で活動を始め、成果を出したいものですね。

本日のQuestion:

あなたは自分自身を回復させる方法を持っていますか。

今日の疲れを取って、明日の自分はうまく知力・気力・体力を回復させることができますか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。

メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

【和田裕美さんの日めくりより「いつだってあのころのキラキラした自分に」】

【和田裕美さんの日めくりより「いつだってあのころのキラキラした自分に」】

和田裕美さんの日めくりの言葉を毎日紹介してさせていただいておりますが、今年も和田さんが「陽転思考ツアー」で全国7か所をめぐります。(詳細は公式発表をお待ちください。)

神戸会場にはわたしも参りますので、関西の方、ぜひ生の和田裕美さんから人生を「陽転思考」を一緒に学びましょう♪


和田裕美さんの日めくりより「いつだってあのころのキラキラした自分に」

2016-03-30 11.15.44

「いつだってあのころの

キラキラした自分になれる。

あのときの感動を

思い出せたなら。」

 

初めて作文が入賞したといわれた時の、びっくりしながらの、晴れがましい気持ち。

難しいと言われていた大学に合格した日の感激。

就職活動で、入りたかった大好きな会社に落ちて、帰りの電車で涙が止まらなかったときのこと。

初めて英語を使って仕事ができるようになったときの、何とも言えない喜び。

これまでのわたしの人生にも、さまざまに心が動く瞬間がありました。

「いつのまにか日常になれてしまい、褒めてもらっても、失敗しても、感じなくなってしまっていたらそれは成長でも学びでもなく心の怠慢です。

感動することを放棄しているだけです。

人生をつまらないという人は原点に戻るべきです。

どんなことにも素直に感動してキラキラしていたあのころの自分を思い出してみてください。」

ありがたいことに、わたしの人生、地味なようでも日々いろいろなことがあり、つまらないとか退屈とは思ったことがありません。

でも、当たり前のようになっていることも、若かった頃の自分の感動を思い出したりしながら、あらためてかみしめて、味わいたいと思います。

 

成長するための「課題」(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

成長するための「課題」(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

メルマガ「ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス」を更新しましたので、こちらにもリンクを転記いたします。

写真わんこは、先日東京都美術館へ行く途中、上野公園でお散歩していたわんちゃんです。

シャイな子ですぐにあっちを向いてしまい、なかなかよい角度で写真がとれなかったのですが、わたしの妹は初めて会ったがっぷり熱い抱擁を「この子、うちの子だと思う!」と言い放つ人なので(妹よ、絶対違うって)、たまにあの才能はちょっとすごいかも、と思います。

・・・というわけで、本文には写真は全く関係ありませんので、ご了承くださいませ。

*メルマガをご登録ご希望の方は、コメントらんのリンクより、ご登録くださいね(*^-^*)


成長するための「課題」(井上裕之先生の「ライフコンパス言霊学」より)

2016-03-27 10.14.06

 

ぶれない自分の作り方 まいにちライフコンパス

こんにちは、ライフコンパス認定コーチ 櫻木由紀 です。

わたしは今年1月半ばから学んでいた60日間の「ライフコンパスアカデミー」の学びの中で「するべきことリスト」を作っていたのですが、今回のメルマガを書く前に、そのリストを見直してみました。

すると、今見ると結構ざっくりしており、やはりその時と今とではすべきことも変わっているので、大幅に加筆訂正して「するべきことリスト」を作り直し、ついでに毎朝手帳に書き出している「今日のするべきこと」もエクセル管理するようにフォームを作ってみました。

やはり、自分のすべきことがどんな種類の/どんな内容のものが/どれくらいのボリュームで/いつまでにする必要があるのか、視覚的に把握しやすくするのは大切ですね。

「ライフコンパス言霊学」では、「課題」は、

「自分自身が成長するために取り組まなければならないこと。

優先順位の高いものから解決していくとよい。」

と定義されています。

ちなみにわたしの「するべきことリスト」には沢山の課題がありますが、そのことすべてに対してこつこつ取り組んでいけば自分の目指すところに近付いて行けるのですから、課題が沢山あることについては問題だとは思っていません。

課題は、理想とする自分の姿に対して今の自分がまだ追い付いていない「ギャップ」なのです。

ですから、そのギャップを埋めるべく、「どうすればできるようになるか」「どうすれば上達するのか」を考えて、それを解決すべく課題に取り組んでいけばいいのですし、毎日コツコツそのために行動していかなくては、いつまでたってもギャップは埋まらないのです。

そのため、まずは、自分の課題を洗い出すところから始めましょう。

頭の中で「することがたくさんあって大変だなあ」と思うだけだと、やるべきことがどれだけあるのかも把握しきれず、何をどこから手を付ければいいかもわかりませんが、リストアップするなど、視覚化して今の自分のすべきことの全体像を把握すると、団子状だったものが細分化され、実際に課題に取り組む行動もとりやすくなります。

そして、リストアップしたら、手当たり次第に取り組むのではなく、「仕事の課題」「学びの課題」などテーマ別に分けるなどして、重要度・緊急性などから優先順位をつけていきます。

もちろん、優先度の高いものから着手していきます。

そして、「何かうまくいかないな」思ったら、確認・検証して改善し、再度計画して・・・というPDCA思考に沿って、ひとつひとつの課題に取り組んでいきます。

地道な取り組みではありますが、そのようにたんたんとすべきことを行い、ひとつひとつ課題をクリアするごとに成長していけると思うと、嬉しくなりませんか?

もうすぐ4月。

年初に立てた計画を見直したり、年初にはなかった課題を年間計画に取り込んだりするには良い時期かもしれません。

あなたの課題を、振り返ってみてはいかがでしょうか。

本日のQuestion:
今のあなたにはどんな課題がありますか。
その中で今日取り組んだ課題はどんなことで、どんな結果になりましたか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また次回、こちらのメルマガでお会いしましょうね♪

ライフコンパス認定コーチ 櫻木 由紀

*個人コーチングを行っています。

ご興味のある方は、下記のアドレス、Facebook, Amebablogへ一度
お気軽にご連絡くださいね。

大阪府在住ですので、大阪・神戸・京都の方とはお会いしやすいです。

関西以外の方も、どうぞご連絡くださいませ。

メールアドレス: happy7sunshine@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100008358272162

amebablog:http://ameblo.jp/cozy-room-japan/entry-12079887548.html

*このメルマガを解除される場合は、下記のURLから解除してください。
ただし、一度解除されますと、再登録はできませんので、ご注意ください。

http://czy.fdrstml.info/pro/c.php?m=2&email=nicox2_lucky%40yahoo.co.jp

和田裕美さんの日めくりより「自分の時間は自分の寿命」

2016-03-29 08.33.02

「自分の時間は自分の寿命。

大事に生きる、この3分も。」

ぼーっとしていても、うたたねをしてもあっという間に過ぎる3分間。

でも、それが自分の寿命の3分間を使っていると思うと、大切に使いたくなりませんか?

「久しぶりに実家に電話をかけて『元気?』と聞くことも、

言いたかった『ありがとう』を言うことだってできる。

片思いの人に『好きです』とメールをすることもできる。

謝ってなかった人に『ごめんなさい』と言うこともできる。

こんなふうに今、この瞬間に動いたら、3分後に人生の方向を変えることができるかもしれない。」

3分で人生の方向を変えられるとしたら・・・あなたはその3分間で何をしますか?

わたしは3分間を使って、実家にはがきを書きました。

東京で見たボッティチェリ展の「書物の聖母」の絵葉書で(*^^*)

人生の方向は変わらないかもしれないけれど、この絵ハガキは少しの間わたしの両親の笑顔を作り、そしてしばらくの間、今の壁に貼られて、両親の目を楽しませてくれるでしょう(*^-^*)